いつも私の心を浄化し、もとの位置に戻してくれるのは自然の色、音、匂い、
肌に触れ入って来る感覚です。
私が生まれ育った場所は自然が生活のそばにある地域です。
都会は音が近くにしかないけれど、ここは音が層になって近くから遠くの山へ、
そして山の中へ、山を越えてその向こうへ、空へ、と深く遠く広がるように聞こえ、
私の耳から体へと沢山入ってきます。夏は特にその感覚が強くなります。
夏の夜長、窓を開けていると聞こえて来る、近くの虫の声、
ザワザワっと風になびく木々の音、少し遠くでホゥホゥホゥホゥと聞こえ始めるふくろうの声、
カタンコトンと響く列車の音、その先に聞こえる蛙の合唱、
田畑の広がる地域はその音が風にのってスゥっと伸びやかに渡って行き、
その先で音が山にふわっとぶつかって消える。山からは小さく鳥や動物のひそひそ声が聞こえるよう。
夜は暗くて景色はみえないけれど、感覚とあちこちの音と気配で景色がみえてくるようだ。

そんな匂いと音の記憶、音と空気や湿度の記憶、視覚と心の記憶、
色んなシーンが混ざり合って体や心に刻まれてゆくのです。

夏の終わりに虫の声を聞きながら、
一気に秋へと変わりゆく空気を肌で感じながらふっと立ち止まることがあります。
私にとって自分の生まれた季節でもある夏は特別です。
始まりが夏からだから、夏を軸に人生まわっているような感じなのかもしれません。


S a j i





ケークサレ新しい味試作。
somokedsalmon,caper, dill,soworcream,lemon
爽やかなお味に仕上がりました。
ケークサレはとにかく簡単な塩味のケーキで、お惣菜のような感じ。
好きな具材で気まぐれに試す事ができるので楽しいです!

S a j i




大好きなHIROKOさんと。
彼女のお財布に一目惚れして大好きになったのは、6年くらい前になるでしょうか。
右上の黒い楽譜とレコードのお財布作品に一目惚れして、そこからずっと
HIROKO HAYASHIのお財布を使っています。
本人にお会いする迄、使い込もう!
手にしてからそう決めてずっと大事に、そして大雑把に、
私のそばで私の生活と共に過ごし、使い込んできました。
私なりの生活と使い方によって随分味のあるお財布へと育ちました。
それがまたお気に入りポイントになっています。
だいぶ成長したなと思ったある日、ご本人にお会い出来るとうご縁がやってきました。
お財布に出会った時に惹き付けられたご縁は、こういうことだったのかな、と勝手に思いつつ。
クリエィティブなお話、これがいいよね、というお話など、いっぱい共感。

作品を通してクリエイターとして尊敬しているHIROKOさん。
現在はイタリアにアトリエを構えてらっしゃるとのこと。
私の作品もアトリエに飾って下さったと聞き、感激です。

いま新しく使っているのは右下の白いお財布。
少しサイズが小さくて使いやすく、爽やかで品があってお洒落。
お財布の中の遊び心にも毎回グっときます。
またこれも私のそばで成長させていきたいなと思います。

S a j i



私の周りにはステキなアクセサリーを作る友人が沢山います。
ブレスや指輪はちょっと苦手だけど、ピアスは大好きな私。

この夏お気に入りとしては、

CHICCAマキちゃんのガラスのピアス。
”これが欲しい”、と言ったら、私をおもってシマシマ引いてくれたとか!
氷のカケラみたいで、左右にドットとストライプの箔なのがお気に入り。



続いてMIONちゃんの片耳ピアス。
鉱物をイメージしたもので、立体的な三角。
場所によって見え方が違います。


秘かにボーダーが好きな私。
シンプルなストライプ、ボーダーというものが好きなようで、
このピアスも気づけばボーダー。
私の作品にも頻繁にアクセントにシマシマが登場します。
シマシマは永遠のお洒落アイテムですね。

S a j i